抗がん剤による副作用を軽減させる薬が登場している

なぜ副作用が起きるのか

ハート

細胞の働きを抑える

活発に増殖や分裂を繰り返して様々な場所に転移していくがん細胞の働きを、抗がん剤を投与することによって抑えることができます。

正常な細胞の働きも抑える

しかし、抗がん剤の作用は正常な細胞に関しても働いてしまいます。活発に細胞の分裂を繰り返すがん細胞に早く対処するために、細胞全ての働きを抑えてしまうため、それに伴い副作用が現れてしまいます。

副作用を軽減する薬の登場

最近の研究により、抗がん剤による副作用自体を抑えるための薬が開発されるようになりました。今後の抗がん剤治療において患者の負担を和らげることに繋がっていきます。

抗がん剤の副作用

投与した日

投与した当日には発熱や吐き気が現れます。また、アレルギー反応を起こす場合があり、発疹やかゆみ、血圧の低下がみられる場合があります。

投与から1週間

吐き気や嘔吐が引き続き、全身の倦怠感や食欲不振が現れます。

投与から2週間

吐き気や嘔吐が治まります。しかし、食欲不振が続き胃もたれや貧血が症状として現れます。また、白血球や血小板の減少が見られるようになります。

投与から1か月

投与から1か月後あたりに頭髪の脱毛や手足のしびれを感じるようになります。また、味覚がおかしく感じたり膀胱に違和感を感じるようになります。

投与から1か月後

感染症にかかりやすくなったリ、肺炎や腎機能の障害などが現れる場合があります。

広告募集中