がんの三大療法と治療を受けた人の声を知ろう

がん治療を知る

カウンセリング

がんの治療方法

がんの治療方法は手術で切り取る外科療法や放射線を照射して死滅させる放射線療法、抗がん剤を投与して行なう化学療法があります。

外科手術で取り除く

外科手術ではがん細胞を直接取り除くことができます。できるだけ早い段階でがん細胞を取り除くことができると、転移のリスクが減ります。

放射線療法で死滅させる

切除しにくい場所にできてしまったがん細胞は放射線療法で死滅させます。元の臓器を傷つけないように治療することや切除できないような場所でも治療を行なうことができます。

化学療法で負担を少なく

抗がん剤を投与してがん細胞を内服で処理する方法です。抗がん剤治療は副作用がネックとされていましたが、副作用が少ない抗がん剤や副作用自体を抑える薬が最近では開発されているので、より負担なく化学療法を行なえるようになりました。

がん治療に関しての口コミ

がん治療が明確な医師に

私はがんの可能性があるため病院への受診をしました。診察をしてくれた医師が短時間で的確な判断をしてくれて手術に移ることができたのですぐに治療することができました。がん治療を明確に判断してくれる医師のもとに行くことがおすすめです。

定期検診でがんを発見

自覚症状などなく定期検診でがんの可能性があることを受けて病院に来ました。ショックで落ち込んでいましたが、医師の先生が丁寧に説明をしてくれたおかげで治療に向き合うことができました。抗がん剤での治療をしていますが、特に副作用もなく安心して治療を行なっています。

安心をくれる医師のもとに

定期検診で再検査を受けたため病院に行ったところがんが発覚しました。相当な不安でしたが、抗がん剤治療や副作用があるが軽減させる薬があることなど治療について教えてもらえて安心できました。

セカンドオピニオンで

前の病院で良性のしこりと判断されたのですが、まだ不安があったためセカンドオピニオンで検査を受けました。丁寧にがんではないこととがんになる心配のない良性の腫瘍と分かったので安心しました。良性だと判断されてもセカンドオピニオンをした方が良いと思います。

がんを早期発見することが出来ました

人間ドックを受けた時に早期発見でがんが見つかりました。しかし、仕事が繁忙期だったため、身体が第一ながらも仕事の心配をしていたら、なるべく都合のつくように入院のスケジュールを組んでもらえました。何か少しでも不安があれば医師に相談をして不安を取り除いたうえで治療をした方が良いと気づきました。

広告募集中